小学生から留学して英語を習得しよう

小学生から留学して英語を習得しよう

英語を日常会話とするためには、早ければ早い段階であるほど英語の習得が早くなります。厄介なのが日常会話として日本語が定着してしまった世代であり、理想を言えば小学生よりも早い段階から海外に留学することが望ましくなりますが、それが可能な家庭はそれこそ限られてくるでしょう。その点、小学生でイギリスに語学留学すると言うことは、日本語と共に英語を日常会話として習得するぎりぎりの最終ラインと言えます。

それまでに習得途上である日本語に平行して、英語も自然に日常会話として習得することが期待できる年齢なのです。それ以上、中学生などになってからでは、完全に日常会話として定着した日本語がネックとなり、英語を第二言語として習得する足かせとなってしまいます。ワーキングホリデー日本人の英語会話能力の不足は、英語学習の開始の遅れが最大の原因と言えるでしょう。

受験などで多くの英単語を習得しても、会話能力が十分に発達する人が少ないのはこのためでもあるのです。これからの日本のグローバル化のためにはまさに日本語と同じかそれ以上に英語会話能力を高めた人材が必要となります。ちょっとした翻訳ミスや誤訳がビジネスや政治的な場面で大きなミスとなる事はこれまで多く発生している事実としてのデメリットです。日本人でも小学生からイギリスに海外留学し、日本語よりも英語で日常会話が可能な人材を育成することが必要とされています。言語習得の海外留学としてはそのくらい早期でなければ意味が無いのです。

top