退職後はシニア留学で再勉強してみよう

退職後はシニア留学で再勉強してみよう

退職した日本人にとって英語はもう必要の無い能力と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか。これから日本はどんどんグローバル化が進み、国際社会の一員として様々な変化が求められます。日本企業の一部が社内の公用語を英語としている動きが見られ、日本社会においても英語の重要性が日に日に増してきています。たとえ退職後であろうとも英語能力が全く必要とならないとは言い切れないのが現状では無いでしょうか。

もちろん、退職したシニア世代にとって、今更英単語を詰め込む受験英語など習得する必要もありません。必要となるのは日常会話で必要な最小限の英語能力であり、そのために実用的な英語を習得する最も効率のよい近道がイギリスへのシニア留学なのです。ワーキングホリデーたとえシニア世代とは行っても、実際にイギリスで留学生活を行なえば、短期間で英語の日常会話レベルはたやすく習得できることが期待できます。

そして、シニア世代がイギリス留学を実行する最後のチャンスであるということも重要でしょう。退職後、さらに年齢を重ね高齢者となるごとに健康を加齢によって崩し、イギリスへの移動自体が困難に、または不可能になってしまいます。退職後直ぐのまだ海外移動が可能な体調の内にイギリスへの留学を行なうことがまさに人生におけるイギリス留学の最後のチャンスとなるのです。一生を日本国内で閉じこもるか、最後のチャンスでイギリスへの留学を経験するかは、最終的には本人の判断次第となるでしょう。

top